未分類

インターネットを利用するなら、今は光回線

インターネットをするにはパソコンなどの閲覧端末のほかに通信回線とプロバイダの契約が必要です。
その通信回線は昔からの銅線を使用したメタル回線と、そのあとに普及してきた光回線があります。
けどできるならば通信業界が一押ししている光ファイバーである光回線を使用したほうがたくさんのメリットを享受できます。

そのメリットの一番大きな部分は通信速度が距離という環境に依存しないで大きく向上するからです。
というのは従来からの銅線を使用した回線の場合にはNTTの収容局からの距離が遠くなるほど通信速度が低下してしまいます。
それに対して光回線の場合には収容局の距離に関係なく通信速度はほぼ一定です。

しかもその通信速度はほとんどのエリア内で10倍以上の速度を実現させることができます。
通信環境は時間帯によって若干の速度変化こそあるが、携帯電話回線を使用したインターネットに比べて安定しています。
というのは携帯電話回線の場合は使用しすぎると通信制限を受けてしまうからです。

ただしその光回線を利用するには住んでるエリア内に光ファイバーの回線が敷設整備されていなければなりません。
光ファイバーの回線が住んでるエリア内に敷設整備されていなければサービス提供は不可能となります。
光ファイバーの回線がエリア内に整備されてサービスの提供が可能となると初めて光回線の契約の申込みができます。

この時にNTT側から確認されることは建物内に光ファイバーの回線を引き込めるかです。
建物内の光ファイバー回線の引き込みは壁の内部の配管を通じて行われます。
この引き込み工事が成功して初めて契約可能となります。

引き込み工事が成功して光回線への契約を行う場合に必要なことは終端装置をレンタル契約しなければなりません。
その終端装置は電話機と光回線の間に介在する装置です。
この装置がなければインターネットも電話もできません。
なお終端装置は電気で稼働するのでコンセントも用意する必要があります。

光回線は終端装置に接続し、終端装置と電話の間には既存の電話機に付属している電話回線を接続するようにします。
また終端装置と無線LANの間にはLANケーブルを接続です。
そして最後は通信業界のプロバイダが用意するプランを光回線用に切り替えなければなりません。
これをしないとプロバイダの環境が変化が変化しないままなので閲覧できないままとなります。

なお既存の銅線を使用したメタル回線の電話回線は使用中止となり、回線自体は配管の中で保留状態のままとなります。
なお光回線は終端装置が電気で稼働してるので、停電したり装置が故障したりすると使用できません。
もし終端装置が故障などした場合は誰かの携帯電話回線を使用して故障したことを伝える必要があります。

アーカイブ